モールス(2011年公開映画)

先日「モールス」という映画をAmazon primeで観ました。

随分前から何度かタイトルと予告編は目にとめていたのですが、今回ふと意識して選択をしてみました。結果それがとても良かったと思える素晴らしい映画でしたので紹介させて頂きます。

物語のあらすじ

とある雪に囲まれた田舎町で、学校でのいじめにあい悩んでいた孤独な少年・オーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は、ある日隣家に引っ越して来た少女・アビー(クロエ・グレース・モレッツ)と知り合います。

その少女は父親と目される男性と一緒に引越ししてきましたが、学校には通っていない様で、凍てつく寒さのなか夜の中庭を裸足のまま歩きます。透き通るような肌とミステリアスな表情、同じ年頃でもあるアビーに惹かれていくオーウェン。

その頃街では不審な猟奇殺人事件が続けて起こっていました。そんな中、現場で顔に硫酸をかけて病院に運ばれた容疑者の男性が、警察・看護師のいない間に窓から投身自殺をします。

その男は少女アビーと一緒に越してきたあの男性でした。

警察の捜査の手がオーウェンたちの家(集合住宅)にも伸びてくる中で、オーウェンはアビーの本当の姿と、(父親のような)男性がそばにいた本当の理由を知る事になります。

オーウェンはアビーの残酷で悲しい運命を知ってなお、それでも受け入れたいという儚い決意を持って、少女とともに電車で街を離れ旅立っていくというストーリーです。

感想(できるだけネタバレしないように)

一応ホラー映画にはなっているのですが、ほとんど怖いと思うところはありません。映画館で直接見たらその印象は変わっていたかも知れませんが、少なくとも驚かす要素は少なかったと思います。

家が集合住宅の隣同士でもあるので、アビーと壁越しにやり取りができるようにモールス信号を覚えるのですが、やり取りをしあうシーンはそんなに多くはないので、題名であるモールス信号自体はあまり気にしなくて良いと思います。

それよりもこの二人の子役の演技がとにかく素晴らしいです。この物語が格調高い作品になっているのは、二人の透明感ある演技によるものではないでしょうか。

ある程度序盤の段階でアビーの本当の姿および男性の役目が判明するので、ストーリーとして最終的に「オーウェンがどちらの選択をするのか」に(いい意味での)ため息をつきながら注目していく事になります。

今まで観た事のある「それ系」の映画では、その力を持つ者はたいてい自己顕示欲が強く、何百年も生きているせいもあるのか多くの手下を揃えて、森の奥深くにある古城を住処にして夜な夜な人間を襲うという様なストーリーが多いと思います。

それに対してこの映画でのアビーは、基本的に「慎ましく生きる」ライフスタイルです。まさに影ながらひっそりと生きている感じです。

実際のステータスとしてはパワー・スピードともに人間を大きく凌駕しているので、タイマン勝負では人間は絶対に勝てません。

人を操ったりするような特殊な能力までは持ち合わせていないので、思うがままという訳にはいかないようですが、それでも悪魔・怪物である事には変わりありませんね。

現代社会においては武力が発達しているので、科学の力や武器を使われればなす術はない事を知っているからなのか、アビー達は人知れずに街を転々とする流浪の生活をしている設定です。

怪物の弱点

私たちが家畜を殺してその肉を食べて生きているのとの同じように、アビーも「あるもの」が生きていくために必要です。

それは人間から奪うものですので、奪えばいわゆる「殺人」になってしまいます(中途半端だとこれまたマズい状態になりますが)。

そのあるものを自分が直接奪ってしまうと、科学の発達した現代社会ではすぐに警察の捜査にあい自分の立場を危うくしてしまう。なので代わりに奪ってもらう「支援者」がいないと生きていけないという条件を背負っています。

そしてもう一つはもうネタバレになっていまいますが、「夜しか活動できない事」ですね。昼間は動けないのでアジトが発見されたら昼間に摘発されて一巻の終わり、という感じでしょうか。

アビーに襲われて生き残った女性は同じ怪物となり、陽の光を浴びて焼け死んでしまいます。アビーも捕まればこうなる訳です。

アビーは子供ですが、類まれな美しい美貌と非常に狡猾な面を持っています。子役であるクロエ・モレッツがこれまた非常に美しいのでアビー役にピッタリでしたね。あれだけキレイであれば優しくしない男はいないだろうと思います。

逆に言えばその美貌と狡猾さのみがアビーの生きる術です。

アビーは支援してくれる人=「代わりに取ってきてくれる人」を常にそばに置いておく事で長い年月生きながられてきました。設定は12歳ですがずっと12歳らしいので、ずっと年を取らないんですね。

その現支援者が硫酸をかぶって投身自殺したあの父親のような男性でした。

そして次の支援者として候補に挙がった男が12歳の少年「オーウェン」です。

オーウェンはアビーの部屋で写真を見ます。自殺した男性がまだ子供の頃アビーと一緒に写っている写真です。ここでこの悲しい物語がどのような結末になるのか、いくつか予想がついてきます。

支援者について

アビーと支援者との間は主従関係ではありません。あくまで恋愛関係・愛情で強く結ばれている必要があります。

ですのでまずは嫌われないように、匂いが気になると言われれば直してくるし、裸足を指摘されればブーツを履いてくるのです。

自殺した男性は身を投げる前に、アビーに自分を献上した上で落ちていきます。最後に「アビー、すまない」のメモまで書き残していました。

これは全て愛情から来るものです。長い間ずっと代わりを務めて来たけれど、アビーと違って男性自身は年を取るので、シニアになればなかなか体が動かなくなる、そうすると殺人を犯すにしてもミスをするのです。現に警察につかまってしまいましたし。

硫酸をかぶったのも、身元を知られないためです。

そしてアビーに対しては「すまない、これ以上は支えられない」という気持ちを残して死んでいきました。

オーウェンを次の候補としている事をアビーは隠しませんでしたので、男性には嫉妬・プレッシャーもあったと思います。

この次回支援者の選別・現支援者への圧力をアビーは物静かにすすめていくのですが、その態度に一切の「腹黒さ」がなく、決して強引ではありません。終始慎ましく丁寧であるのがこの物語の「美しさ」のポイントになっていると思います。

現にアビーは他人の部屋に入る時に「入ってもいいか?」と聞き、相手が「いいよ」と返事をしないと部屋に入ろうとしません。勝手に入ると痙攣・発作のようなものが起きて全身から血を吹き出してしまいます。

禁忌を破った事に対する罰(ルール)なのでしょう。

本映画の英題が「let me in」なところからも、手順を踏むことの重要性が伺えます。

アビーはアビーで顔にこそ出しませんが生きていくために必死であり、命をかけて懸命に相手(支援者候補)との距離を縮めていかなければならないのです。

終盤・ラストの考察

終盤、警察官がアビーの部屋に入ってきた時、逆にアビーに襲われます。その時オーウェンも部屋内でその場に出くわすのですが、助けが欲しい警察官の出した手を無視して部屋のドアを閉めてしまいます。

この時アビーはオーウェンが候補者として昇格(成長)したと認識したのではないでしょうか。

アビーは怪物です。怪物と一緒にいるだけでなく、支援をしてもらうための数々の課題をクリアしてもらわなければなりません。アビーはこの時点でその第一ステップをオーウェンが超えてくれたと思ったに違いありません。

ところがオーウェンはアビーの支援者としての期待に沿うことなく、アビーと離れる事を決断します。そしてアビーは一人で別の町に向かってしまいます。

オーウェンは物語序盤でいじめの事をアビーに話したところ、アビーから「仕返しするべき」との助言を受けています。それに勇気づけられたオーウェンはいじめっ子に仕返しをした結果、相手にケガをさせていました。

ところが最終的にケガをさせたいじめっ子の「兄」から学校のプールで襲撃を受け、報復で殺されそうになるんですね。

そこをアビーに助けられます。兄といじめっ子含む4人全員惨殺という形で。

あそこでアビーと一緒に町を離れなかったら、当然オーウェンに殺人容疑が掛かりますよね。動機もばっちりですしプールに居たのはオーウェンだけなのです。先生も生徒もプールの外に締め出されていましたからね。

あれをどうとらえるのか。アビーは長年の経験から最終的にはこうなる事を狙ってオーウェンをけしかけていたのか、どうなのか?だとしたら怖いです~恐ろしいです~。

オーウェンは命の恩人であるアビーとやはり運命を共にしようとここで決断をします、新しい支援者になろうと。

最後のシーンでオーウェンたちは電車で街を去ります。洋服収納ケースにアビーを入れて、モールス信号でケースの内と外でやり取りをしながら。

最後にオーウェンは希望に満ち溢れた将来に期待するかのように、電車の流れる景色を見ながら歌を口ずさみます。

正直どこまで覚悟できているのか。自分の将来を本当に見据えているのか。これから少年を待つであろう過酷すぎる運命に対し、ラストの口ずさむ歌声が本当に弱弱しいため、そこに悲しみを覚えずにはいられません。

アビーへの恋愛感情・愛情と、自分がこれから払う代償・犠牲と常に天秤に掛ける人生、そしてそれ以外は「死」を意味する人生です。

私だったらどうするかな…一緒に死ぬかな?どうだろな~(汗

アビーは残忍であり狡猾な怪物なのですが、でも決して憎めない、感情移入が半端ない、そんな映画でした。

映画:「天気の子」を観に行った日は土砂降りの雨

先日の日曜に新海監督の映画「天気の子」を観に行きました。参議院選挙の投票日であり、かつ台風通過による豪雨にも見舞われ、土砂降りの雨の中「土砂降りの雨が降る映画」を鑑賞するというのもおつなものです(選挙はむろん投票済み)。

今回はあの「君の名は。」の新海監督の新作映画という事で、楽しみにしつつ足を運びました。相変わらずの情景描写の美しさ、特に雨が降るシーンにおいてはいろいろな場面を豊富に描き分ける繊細さ・細やかさに感心いたします。映画館の外も大雨ですが、作中でもとにかく大雨です。映画の登場人物らと同様、晴れる日が待ち遠しいと否が応でも思いますね。まあ現実世界は雨が上がったら本格的な夏の到来で、暑さと湿度が厳しい季節が襲い掛かって来ますけども。

まだ公開直後という事もありネタバレはしない方向で簡単に書き綴りたいと思います。

本作は天気の子というタイトル通り、雨の日でもひと時だけ「晴れ」にできる力(以下「能力」)がキーになるのですが、その能力自体よりもその力と向き合う10代の主人公たちの生きざまが強く描かれた作品だと思いました。その能力でお金を稼ぐ、商売のため能力を多用しないと生きていけない社会、まさに今の社会そのものです。

そして今のまま何も足さず・なにも引かないで欲しい、という主人公「帆高」の願いは、大都会東京にうごめく人間のルールと、能力を使う事の「代償」という名の渦に飲み込まれていきます。そして最終的に帆高は社会全体より少女を、自分より年下だった陽菜ともう一度会う事を選択し、その結果映画のラストに出てくる現象を招きます。

パンフレットにある新海監督のインタビュー記事内容を読みました。その中で監督は前作の大ヒットアニメ「君の名は。」において、これまでに頂いた膨大な数の感想・コメントの中でとても印象に残っている一文(私が思うにどちらかと言えば悪い意見)を紹介されていました。

それが「過去の甚大な災害をタイムスリップを利用してなかった事にした、許しがたい物語」という内容です。監督はそれならもっと文句を言われる様な内容にしたいと思い、その反骨精神が今回のラストを生んでいる一つの要因とも述べておられます。

私は映画のラストをみて最初は驚きましたが、よくよく考えれば当然あり得る話だと感じました。反骨精神で個人的に導いた結果ではなく、ジブリ映画と同じように明確なメッセージ性のあるラストとして受け取っています。

人間と地球は決して対等ではありません。自然現象のみで活動する地球という惑星にたまたま生まれた生物である人間が仮住まいしている訳ですから、正直なところ地球や自然が人間の都合など聞いてくれるわけがないのです。実際に作中でもそのラストを受け入れて生活をしていく人々が描かれていますが、「災害ではなく現象として」受け入れていくしかないと思いました。

あくまでアニメですから、どのような展開・エンディングでもその制作者の自由だと思います。ただ、ここ数年はとくに天候による様々な自然災害が世界各地で起きている事を鑑みると。この映画のラストのような現象も起こりえない事ではないと思うのです。

劇中で「天気は狂っている」というセリフが出てきますが、人間社会の歴史は地球誕生から今までの悠久の歴史に比べれば、瞬き一瞬の事に過ぎません。天候・気象はコントロールできるものではなく、人間に都合よく動くものではないのです。島国である日本が全て水没する程の異常気象が起きる可能性だってあると思います。ですので天気は狂ってなんかいないのですが、人間の都合で「狂っている」と表現されているのだと思います。

それから今はとくに生きづらい社会、特に若者にお金が回らない時代だとも監督はおっしゃっておられました。私は全然若くないし、自分で仕事をしているのでお金が回っていない部類には入っていないと勝手に思っていますが、確かに今の若者・子供たちは生きにくい社会だろうとは日々感じております。

利便性は抜群でしょうが、いろいろな意味である程度成熟・飽和した社会環境下であり、SNSなどの発展もあって相互コミュニケーションの取り方にある程度難易度が設けられた時代です。

その中で生きる本映画の主人公「帆高」が何を犠牲にしてでもあの子に会いたいという意思を優先する事、そのために社会ルールから逸脱した行動をする事、常識尺度から見ればそれを大人は許してはいけないのでしょうが、私の個人的な感想としてはそれ位の事があっても良いのではないか、むしろそのような事を起こした若者に再起の道を与える事が重要ではないかと思いました。

どの党員のどなたに一票を投じたところで、若者の生きにくさを解消してくれる議員さんはおそらく現れません。この雨もやまないし、雨が止んだ後に訪れるあの湿気の多い酷暑の日々は避けられないからです。

とりとめなくなりましたが、過去の作品のなかでダントツにメッセージ性の強い映画だと思いました。実際に起こりうる話かどうかではなく、どんなルールや規制を新たに設けたところで、自然の力の前には全く歯が立ちません。自然の力を「災害」と呼ぶのは人間だけですしね。

監督は単館で上映される作品であればあのラストにしなかった、夏休みの興行映画として時事性があり全国のみなさんに観てもらえる映画だからこそ、このラストにしたと述べておられました。

例えば私の町にこの現象が起きたとしたらどのように受け入れていくでしょうか…そのためにはもっと知恵と力が必要だと思います。あと、若者に可能性をもっと感じてもらえる社会にできれば嬉しいですね。

 

 

ルドルフとイッパイアッテナ

お盆休みの期間中に映画「ルドルフとイッパイアッテナ」を鑑賞しました。

岐阜のとある町でリエちゃん宅に飼われていた甘えん坊の黒い子猫「ルドルフ」。ある日リエちゃんがお使いに出た際、彼女を追っかけて家を飛び出し、魚屋さんに追い立てられて見知らぬ軽トラックの荷台に飛び乗ってしまいます。一晩中車に揺られてたどり着いたのは遠く離れた大都会「東京」のとある町。右も左もわからぬまま途方に暮れるルドルフは、そこで大きな虎色の猫「イッパイアッテナ」に出会います。ルドルフはこれからたくましく生きていくための様々な事をイッパイアッテナから学び、新しくできた仲間の力も借りながら1年を掛けてリエちゃんの家へ帰る事を目指すというのがこの映画のストーリーです。

今回は多少ネタバレになっている事をお許し下さい。わたしは号泣する程感動いたしました(涙腺がかなり弱くなっている事を差し引いても良い作品でした)。この作品は小さい子供たちに読み聞かせる「本」として既によく知られている物語です。自分は読んでもらった事がないので知りませんでしたが、検索するとたくさん書籍が出てきます。この映画に登場する猫はCGではあるものの、非常に滑らかで猫らしい動きをする可愛いキャラクターに仕上がっています。

まず「イッパイアッテナ」とはその虎猫の固有名詞ではありません。呼ばれる人間によって呼び名が違う野良猫である事をルドルフに説明するにあたり、虎猫は呼び名を一つに選べないため「いっぱいあってな」と返事をしたのですが、それが「イッパイアッテナ」という呼び名に聞こえたところがルドルフとの師弟関係の始まりとなります。

イッパイアッテナは以前は飼い猫だったのですが、現在は野良でありつつ街のリーダー的存在で、非常に賢い猫です。何より世間の渡り歩き方を知っています。風貌に明らかに似合わない「ネコナデ声」を駆使し、いろいろなところに出向いては人に呼びかけてエサをもらう。この日はここにいって次はここ、というルーティーンが決まっているかのように動きます。それについていくルドルフ。一緒に行動するにつれ、イッパイアッテナがなぜこんなに食うのに困らずに野良で悠々と生活をしていけているのか、その理由がわかります。

イッパイアッテナに生きていくための知恵を教えてもらいながら(特にとある技術の習得が中心)、東京の街での大切な時間を惜しみつつ、ルドルフはリエちゃんのところに必ず帰ると決意を新たにします。一回りも二回りも大きく成長した黒猫ルドルフは1年以上の時を経て、一生懸命覚えた技術を使いながらついにリエちゃんのいる岐阜の自宅にたどり着くのです。

物語のラストでルドルフは号泣します。そのシーンを見て、私も昔飼っていた猫を思い出して大号泣してしまいました。もし飼っていた猫がしゃべる事ができたのなら、もしかしたらこのルドルフと同じ気持ちだったのかも知れないと思うと、泣かずにはいられませんでした。その理由を述べさせて頂きます(いわゆるリエちゃん側、飼ってる側視点です)。

私が学生の頃に家で飼っていた何匹かの猫はルドルフ達と同じように全て野良猫で、施設のゴミ箱でごみを漁ったりしているところを親父が拾って、車に乗せて自宅まで連れて帰ってきていました。定期的に何度か拾っては来たものの、すぐに外に出たままいなくなったり、病気などで死んでしまったり、それでまた拾ってきたりを繰り返していました。

みんなで猫の話をしながら毎日を過ごしていく事で、猫が家族の中心であり、各構成員(w)のバランスを保つ「緩衝材」的な役割をしていたんだと、私なりに何となく気づいていました。親父がそれを知った上で拾ってきていたかどうかはわかりませんが、親父は亡くなる間際まで野良猫を可愛がっていましたので、猫が好きだった事は間違いありません。

最初の猫は確か私が高校の修学旅行中に死んでしまったのですが、外に出たままいなくなってしまった猫が他に何匹かいました。基本的に猫は家の外に平気で出していたので、何日も帰ってこない事が多々あります。そこであまりに日にちが経った場合は家族で「新しい猫を…」という事になるのですが、「もう少ししたら帰ってくるのでは?」「いやいやもう帰ってこないよ」の間でせめぎ合いが起こります。出ていっている猫の事はお構いなしにです、もしかしたら帰ってくるかもしれないのに。

ポイントとなるのは仮に新しい猫を既に家に連れて来ていて、長い間出ていた猫がそこに帰ってきた場合です。その猫同士がそこで仲良くなる保証は全くありません。両者の距離が少しでも近づくと奇声をあげて威嚇するような状態もよくあります。私たちは常日頃からその両者が相まみえるところを観察している訳ではありませんから、私たちの知らない内に遭遇・相性判断・決裂・険悪ムード・片方退出、のフローが進行している場合があるのです。私たちは新しい猫の方に夢中になり、この仮説の成立を知らないまま過ごしていた可能性がありました。

「帰ってこなかった」のではなく「帰ってきたけど既に違う猫がいた」ために、家に戻れずに他のところへ行った猫がいたのではないか?という疑問に対し、今回の映画は「そうかも。」とストレートに答えていました(勝手な解釈ですが)。個人的に大いにありうると思った私は非常に申し訳ない気持ちになりました。私が大号泣したのはそれが理由です。

言い訳になりますが当然猫は話せません。ご飯が欲しい時も、体を触ってくれるなとアピールする時も、眠い時も、この場所を出ていく最後の挨拶の時も、ちょっと出かけてくるね、の時も全て声は「ニャー」ですので、猫の本当の気持ちは計り知れないのです。でももしかしたらそんな猫もいたのかも知れないと思うと、岐阜に帰ったルドルフがかわいそうで×2……涙があふれて出ていました。

ちなみにルドルフは岐阜に旅立つ際に「さよなら」と別れたはずのイッパイアッテナに再会し、顔をうずめて泣きながら今回の結果を報告しています。さぞ悲しかったでしょう、淋しかったでしょう。今回の報告をするためまた東京に戻ってきている訳ですから…皮肉な話です。

イッパイアッテナの方もまた壮大過ぎる計画を持っており、それこそ岐阜以上に無理じゃね?と思っていましたが、全てを包み込むような環境変化が起こり、ルドルフはイッパイアッテナと共にみんなで楽しく幸せに暮らす、というお話です。一応最後はハッピーエンドという扱いなのでしょう。淋しさは決して抜けないラストではありますが、岐阜の自宅でルドルフがした選択は、この1年ルドルフがたくましい猫に成長した事を意味しています。

あくまで個人的にですが非常に良い映画だと思いました。動物好きな人はもちろんそうでない人も含めて、動物側の視点に立って感情移入できる作品です。是非一度ご覧くださいませ。